シースリー 岡山

毛抜き

シースリー,C3,岡山,口コミ,体験,脱毛

 

毛抜きでの脱毛

使用するのは毛抜き(ツィザー)と呼ばれるピンセット、これだけです。

 

毛根から抜いてしまえばしばらくは生えてこないため、カミソリに比べるとムダ毛処理の頻度は少なくて済みます。

 

しかしその少ないメリットの反面、デメリットがとても大きな方法です。
何よりも困るのが、毛穴がどんどん汚くなっていき、一度汚くなったものは元に戻しにくいということです。

 

毛抜きは、絶対にやって欲しくないムダ毛処理方法の一つです。

 

 

一番オススメできないセルフ脱毛は『毛抜き』による処理

顔や指などのちょっとした部分を気になる時に手早くムダ毛処理ができる毛抜きは、忙しい女性にとっては必需品なのかもしれません。
そんな便利な毛抜きですが、自己処理をする上でとてつもないリスクがあるのを 皆さんご存知でしたか?
意外と知られていない毛抜き処理の事実をお伝えします。

 

毛抜きで抜いた時に起きている症状

毛抜きで脱毛をすると、お肌にはどのような事が起きているでしょうか?
無理やり毛を抜く事により、毛穴や皮膚が傷ついているんです。
皮膚を怪我して出血すると瘡蓋(カサブタ)が出来ますよね。
仮に出血するまでの傷でなくとも、皮膚が傷を負った時は その皮膚が再生するために薄 い膜がかかります。
毛穴に膜がはってしまうと、表皮が塞がってしまい次に生えてくる毛が 表皮の上に出てこれなくなったりします。
つまり『埋没毛』となります。
薄皮の下に丸まった毛があったり、毛穴が黒くプツプツしたいりする症状です。
最悪の場合、塞がった毛穴の下で細菌感染をお越してしまい『毛のう炎』を起こしてしまいます。
更に傷ついた皮膚に紫外線を浴びてしまうと、色素沈着の原因となります。
せっかくキレイになる為に脱毛しているのにシミなどが出てしまったら全くの無意味な 話になってしまいますよね。
また、毛穴が傷つくということは、皮膚は外的なダメージだと とらえてしまい以前より毛が太くなったり、
同じ毛穴から2本以上の毛が生えてきたりします。ムダ毛を減らすつもりが、逆に太く目立つようにしたり 肌にシミの原因を作ったり
ムダ毛の量を増やしていたりしていたんです。 毛抜きを使ったムダ毛処理は様々な危険性を秘めているんです。

 

 

それでも毛抜きを使う場合は?

それでも手軽にどこでも簡単に処理できる毛抜きは必需品ですよね。
危険があるからといって、ムダ毛を放置していたら精神的に良くありません。
とても便利な毛抜きを使う上で、正しい毛抜きの使い方を理解して使用し リスクを未然に防止することが大切です!

 

 

脱毛サロンに通っている間は毛抜きは絶対NG!

脱毛サロンで脱毛施術を受けている間のムダ毛処理に毛抜きは使わないようにして下さい!
美容ライト脱毛(光脱毛)は、生えている毛を媒介に毛を作る細胞にダメージを与えて不再生にする 施術となります。
毛抜きで毛を抜いてしまうと、美容ライト脱毛自体の効果が全くなくなる恐れもありますし毛穴ダメージによる毛周期の狂いを発生させてしまう恐れがあります。
脱毛サロンなどに通っている最中のムダ毛処理は、レディースシェーバーなどの肌ダメージの少ない セルフ処理を行って下さい。
刃の鋭いカミソリの使用はオススメできません。
カミソリが滑って肌を切ってしまったりすると その部分への脱毛施術が出来なくなります。
また出血しない程度でも薄皮一枚はがれるような傷は起こり 肌乾燥や色素沈着の原因となります。
お肌に優しい電動シェーバーがオススメです。

 

 

 

 

 

リスクの少ない脱毛はシースリーがオススメ!!
≫シースリーの予約はこちらからできますよ♪