シースリー 岡山

Vラインの自己処理方法とその手順についてのご紹介:)

ここでは、Vラインの自己処理方法について詳しく説明します。
サロンやクリニックで脱毛を行うときの事前シェービングも同じ方法で行えるので、事前シェービングを自分で行う人もぜひ参考にしてください:)

 

Vラインとは?

Vラインとはビキニラインとも呼ばれる部分で、サロン・クリニックにより範囲が異なります。
パンツで隠れる前面をVラインとしているところもあれば、

  • Vライン(両足の付根)
  • トライアングル上(中央上部)
  • トライアングル下(中央下部)

と3カ所に分けているところもあります。

シースリー,C3,岡山,口コミ,体験,脱毛

 

ここでは、この全ての部分をVゾーンとし、Vゾーンの自己処理について詳しく解説していきます!

 

Vゾーンの自己処理(事前シェービング)方法

肌に優しい電気シェーバーでの自己処理方法

Vゾーンは複数の方法で処理することができますが、肌に優しい電気シェーバーでの処理が一番おすすめです。

 

また、サロン・クリニックで処理をする前の事前シェービングは、カミソリか電気シェーバーでしか行うことができません
カミソリは肌を傷つけてしまう可能性が高いので、可能な限り電気シェーバーで行ってください。

 

イベントに合わせた処理も事前シェービングも2日前がおすすめ

シェービング後は肌が敏感になっているので、しばらく肌を休める方が良いです。
イベントに合わせた処理も事前シェービングも、前日ではなく、できるだけ2日前に行うようにしましょう。

 

用意するもの

  • 顔用電気シェーバー
  • ワセリンなど肌を保湿できるもの
  • 太めの水性ペン(処理する部分に印をつけたい場合)

Vゾーンの処理は、細かい操作が必要なのでボディー用の電気シェーバーではなく顔用電気シェーバーを用意しましょう。
顔用電気シェーバーがあれば、IラインやOラインも処理できるので、VIO用として1本購入しておくと重宝します

 

購入の際には、必ず刃が直接肌に当たらないようにガードがついたものを選びましょう

 

手順

1.処理をする部分を清潔にする

まずは処理する部分を清潔にしましょう。
処理前に入浴するか、赤ちゃん用のお尻拭きなどを使って拭き取りをしてください。

 

2.どの部分まで処理をするか確認する

次にどの部分まで処理をするのかを決めてください。
水着や面積の小さい下着を着用するために処理をする場合は、実際に着用してみて、どのラインまで処理をするのかを決めましょう。
水性ペンで印をつけておくと分かりやすいです。

 

また、ある程度毛を残す場合は、完全に剃ってしまうところと、毛の長さを整えるところに分けましょう。

 

事前シェービングの場合は、カウンセリングでどこまで処理をしていくのか説明をしてくれますので、そちらの指示に従ってください。

 

3.毛を3〜5ミリ程度にカットしておく

毛が長過ぎると剃りづらくなり、処理中の場所も見えにくくなってしまうので、あらかじめハサミで毛をカットしておきましょう。
3〜5ミリ程度の長さに揃えておくと処理しやすいです。

 

4.蒸しタオルで5分ほどあたため、皮膚の表面と毛を柔らかくする

皮膚の表面と毛はケラチンという約18種類のアミノ酸が結合したタンパク質からできています。
ケラチンには温めると柔らかくなる性質があるので、シェーバーを当てる前に、処理する部分を蒸しタオルで5分ほど温め、肌と毛を柔らかくしてください。

 

肌や毛を柔らかくしておくと、シェーバーが引っかかりにくくなるので、肌に優しく処理ができます

 

入浴後で、まだ肌が温かい場合、温める必要はありません。

 

5.シェーバーを肌にぴったりと当て、毛の流れに沿って動かす

シェーバーを肌にぴったりと当て、毛の流れに沿って動かしてください。
毛の流れに逆らって剃る逆反りを行うと、毛と一緒に皮膚も削り取ってしまう可能性があるので、必ず毛の流れに沿って動かしましょう

 

また、きれいに剃りたいからといって、シェーバーを強く押し当ててしまうと、肌を傷つける可能性があるので、絶対にやめてください。

 

水着や下着に合わせて処理を行う場合は、最後に実際に着用し、動いても毛がはみ出してしまわないかを確認してください。

 

6.濡らしたタオルなどを当てて肌のほてりを取る

処理後は、濡らしたタオルや保冷剤をくるんだタオルなどを当てて、肌のほてりを取ってください。
こうすることで、肌が炎症を起こすリスクを軽減することができます。

 

7.ワセリンなどの保湿剤でしっかりと保湿する

シェーバーの摩擦で肌が乾燥しやすくなる可能性があるので、ワセリンなどを塗ってしっかり保湿しましょう。
肌が乾燥すると、外からの刺激に対するバリア機能が低下し、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

また、肌が乾燥してかたくなってしまうと、次に生えてくる毛が埋没毛になる可能性が高まるので、次に毛が生えてくるまでの間もしっかりと保湿を行ってください

 

自己処理後にやってはいけないことは?

自己処理をした後は肌がとても敏感になっているので、高い温度のお風呂に浸かるのは控えましょう。
体を洗うときはゴシゴシこすらないように気を付けてください。

 

もしかゆみが出てしまってもかくのは絶対にダメです。
かゆみは体温が上がったり乾燥すると出やすくなるので保冷剤などを当てて冷やして保湿してください。

 

それから、お風呂の中での自己処理もやってはいけないことのひとつです。
お風呂は湿度も温度も高いので雑菌が繁殖しやすいんです。
お風呂に置きっぱなしのカミソリを使い続けると毛嚢炎のリスクも上がります。
自己処理は室内で、衛生面にも気をつけながら行いましょう。

 

 

 

 

VIO脱毛ならシースリー(∩´∀`)∩

 

>>シースリーはこちらから予約できますよ♪