シースリー 岡山

エステ脱毛でワキ汗・ワキガ治るって本当??

エステで脇脱毛をすると、「ワキガが治る」という話を耳にします。
まったく逆に、脇を脱毛すると「ワキガになる」という話も聞きます。
はたしてどちらが本当なのでしょうか?
脱毛する前に、本当のところを知りたいですよね。

 



ワキガの仕組み

シースリー,C3,岡山,口コミ,体験,脱毛

 

まずは、どうしてワキガになるのかその仕組みからご説明しましょう。
ワキガとは脇の下から独特の嫌なにおいを放ってしまう症状のことです。
なんと日本では10〜20人に1人はワキガなんだそうです。

 

わきがの仕組みは、簡単にいえば「アポクリン腺から分泌される汗を、ワキにいる常在菌が分解すること」です。

 

アポクリン腺から汗が分泌される

 

わきが臭は、まずワキにアポクリン腺が存在することが大前提となります。

 

通常、私たちの流す汗のほとんどはエクリン腺という別の汗腺からのもので、舐めると塩辛い味がするのはこちらのほうです。
無色透明でサラサラしており、成分はほとんどがただの水分となっています。
一方アポクリン腺からの汗は、乳白色〜黄色っぽく、粘り気があります。

 

中には脂質タンパク質糖分アンモニアなどさまざまな成分が含まれており、こちらがわきが臭の原因となる汗です。

 

エクリン腺はすべての人の体にたくさん存在しますが、アポクリン腺の数や発達程度は、人によってさまざまです。

 

ちなみに生まれつきアポクリン腺の多い人の場合、かなりの確率で幼少時から湿った耳垢が見られます。
これは耳の中にもアポクリン腺が存在するためです。

 

一方ワキのアポクリン腺は、脇毛が生えてくるころから一気に成長しますので、第二次性徴期を迎えるあたりから独特の臭いがしてきます。
ただし最近では、身体の発達スピードや食生活の欧米化などによって、わきがの発症も低年齢化しているといわれています。

 

汗を常在菌が分解する

 

このようにわきがの原因となるアポクリン腺からの汗ですが、それ自体はまだ無臭です。

 

しかしワキの皮膚でエクリン腺からの汗や皮脂腺からの皮脂と混ざり合い、さらにそれを皮膚に住む常在菌が分解すると、独特の臭いが生まれます。
アポクリン腺からの汗には、エクリン腺から出る汗とは違ってさまざまな栄養分が含まれていますので、細菌にとっては格好のエサです。
特にジフテリア菌などの「コリネバクテリウム属」の細菌が、わきがの原因菌として知られています。
ですから入浴やアルコール消毒などで菌が一掃された後は、分解者がいなくなるために一時的にわきが臭は消えます。
しかし細菌は繁殖力が強いため、時間とともに再び汗が出てくるとあっという間に元通りの数に増え、臭いが出てくるのです。
つまりわきがを治すためには、アポクリン腺を物理的に除去することがもっとも確実だといえます。
そうすれば原因菌も分解する汗がなくなりますので、自然と死滅してしまうのです。

 

 

脱毛でワキガは治るの??

このように、ワキガの原因はアポクリン腺から出ている汗のせいです。

 

残念ながら脱毛したからといって完全にワキガが治るわけではありません

 

けれど、じつはフラッシュ脱毛の強力な光によってアポクリン腺を破壊できるので、においを軽減することは可能です。

 

また、ワキガのにおいは脇毛が伸びているとより強くにおうようになります。
というもの、脇毛がはえていると湿度が上がり、蒸れることでますます常在菌が繁殖しやすくなるからです。

 

常在菌は毛根部分に特にたくさん繁殖します。脇毛をエステで脱毛してしまうと、常在菌の繁殖が抑えられるため、アポクリン腺から出る汗を分解する菌が減り、においを減らすことができます。

 

以上の理由から、ワキガに悩んでいるなら、エステで脱毛したほうがいいんですよ。

 

万が一という心配があれば、割高ですが、病院の医療脱毛を選んだ方が安心できると思います。

 

脱毛でワキガになるの??

上で説明したように、エステで脱毛したからといってアポクリン腺から出る汗は増えませんから、ワキガになることは絶対にありません。

 

ただし、においが強くなったと感じる人はいるようです。というもの、栓となっていた脇毛がすべてキレイになくなってしまったため、汗が以前よりも流れやすくなるのです。

 

そのせいで、前よりも脇のにおいが気になって、においが強くなったと感じてしまう人がいるようです。

 

本人がそう感じているだけのことが多いですが、気になるようならにおいケアをしっかり行えば、不安は解消されますよ。

 

 

 

 

 

ワキ・全身の脱毛はシースリーで♪
予約はこちらから☆