シースリー 岡山

産毛は脱毛しなくていい!?

シースリー,C3,岡山,口コミ,体験,脱毛

ムダ毛の処理をするとき、真っ先にやっつけたい!と思うのは太くて濃い体毛ですよね。
ワキや脚、腕のムダ毛はぱっと見とても目立つので、処理の優先度は高めです。

 

しかし、産毛のような細い毛も気になる…(`・ω・´)
気になる人とか好きな人と急接近したり、急に背中の開いたドレスを着なくてはならなくなったりした時に、産毛がビッシリ生えていては色々と台無しです。

 

でも…
産毛のような細い毛は脱毛しない方がいいって本当!?
気になるその詳細を、ご紹介していきましょう(^_-)-☆

 

産毛とは?

シースリー,C3,岡山,口コミ,体験,脱毛

産毛(うぶげ)とは、その言葉の示す通り、生まれたばかりの赤ちゃんに生えている薄い体毛のことを指します。
転じて、一般的には人の顔や首筋などに生えている、とても薄く柔らかい体毛を意味します。

 

産毛の量や濃さ、長さなどは個人差がありますが、手足やワキ、アンダーラインなどに生えるムダ毛と比較すると、色素がとても薄く、太さも細くて頼りない印象を与える体毛となっています。

 

ですが、その頼りなく儚げな印象とは異なり、産毛の処理や脱毛には厄介な点が多いという特徴があります。

 

産毛は脱毛施術でもなかなか抜けない?

エステやクリニックなどで脱毛を完了した方であっても、腕などをよく見ると、産毛がふんわり残っている場合がよくあります。

 

足や腕の産毛は目立ちませんし、手触りがザラザラするということはないため、多少残っていても差ほど問題はありません。
しかし、産毛よりも濃く太いムダ毛がしっかり脱毛できているのに、細く薄い産毛だけが残っているというのは不思議ですよね。

 

脱毛が終わっても産毛が残る原因は、実はその色素の薄さにあります。

 

エステなどで行われているフラッシュ脱毛や、医療機関で実施されているレーザー脱毛は、体毛のメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、高熱を発生させて毛母細胞を破壊するという仕組みになっています。

 

つまり、色素がとても薄い産毛に対しては十分な効果が得られない可能性が高いのです。
見た目は薄く、触った感じも頼りない産毛ですが、脱毛に対してはとても強い存在なんですね。

 

そのため、脱毛施術が完了した後も産毛は残っているケースが多く、目立たないことから特に追加の処理をしない方が多いのです。

 

とはいえ、顔や背中、腰周りや胸などの産毛は、できるだけ処理したい存在です。
特に顔の産毛は、処理することで顔色がよく見える、肌がキレイに見える、メイクのノリが良くなるなど様々なメリットが得られるため、できることなら脱毛をしたい!と考える方も多い傾向にあります。

 

薄い産毛のパーツは脱毛しない

皮膚科が止めた!!産毛を脱毛すると大変な理由

薄い産毛はやらないほうがいい。時間かかるし、しばらくは逆に濃くなるし。
皮膚科の先生はこう言います…。
医学的に、毛が薄いところは毛の周期が長く、脱毛間隔も長め(5〜7カ月)。
回数も濃いところと比べると倍。
つまり、毛が濃い密集している箇所(周期が短い)と比べお金と時間がとてもかかる…。

産毛の脱毛リスク:しばらくは逆に濃くなる…??硬毛化とは?

産毛の脱毛で気をつけたいのが、硬毛化です。
硬毛化とはその名の通り、細い毛が硬く太くなってしまう症状のことで、産毛をレーザ脱毛・光脱毛した時に見られるケースがあります。

 

特に首回りや肩口、二の腕や腰周りなどの産毛は硬毛化が起こりやすいので要注意です。
硬毛化が起こると、脱毛処理に時間がかかったり、施術が完了するまでの期間が長引いたりしてしまいます。

 

ニードル脱毛の場合はこの硬毛化が起こるリスクが低いため、心配な方は脱毛を始める前に、レーザー・ニードル療法に明るい皮膚科医などに相談しておくと良いでしょう。

 

フラッシュ脱毛の仕組みからしても、脱毛とは結論…毛が濃く、コンプレックスなひとのためにある
毛が濃く密集しているパーツ。
具体的にあげると 脇・うで下・ひざ下・VIO・ギャランドウ・指の毛の6箇所。
その箇所には効果はあるけど、特に産毛が薄い人にはあまりオススメできないんだとか…(;´・ω・)

 

産毛の脱毛をやめると時間もお金もお得に…

背中は広い範囲で産毛が生えていますが、完全になくすまでには予算が結構かかってしまいます。
もっと言うと、脱毛前の処理はエステシャンがしてくれるけど、自分で専用のシェーバーも買わなければいけません。(そうじゃないところもあります。)
1回脱毛すれば、毛がなくなるまでやりたくなるだろうし…。

 

また、若ければ若いほど、再び毛が濃くなる可能性があります。
これは、毛穴が生えそろっていないことが要因。
つまり、完璧にやったつもりでも、また毛が再生してくる可能性の方が高いんです!!

 

毛深くなってきたらまた脱毛する、程度の間隔で、小刻みに対応しないとせっかくの努力が水の泡になります。
完璧主義ほど、無駄にお金をつかってしまいます。
完璧につるつるにしている女性は、約5年に1度、メンテナンスをしているんです

 

お金と時間をかけられるなら、問題はないのですが。
中途半端にやめると逆効果なので、つるつるを目指すなら脱毛し放題のシースリーか、皮膚科クリニックがお勧め。
漏れ毛はニードル脱毛で永久脱毛すれば完璧です(叶姉妹のようになれます)。

 

まとめ

今回は、薄毛・産毛を脱毛する際の注意点についてお話してきました。
薄毛・産毛は脱毛効果があまりない…というようなことが言われていますが、効果がないのではなくて時間とお金がどうしてもかかってしまう!ということがお解り頂けましたか?

 

産毛を脱毛するときは永久保証のあるサロン・脱毛し放題のサロンを選ぶのがいいでしょう(^_-)-☆

 

 

永久保証のあるサロン・脱毛し放題のサロンならシースリー
≫シースリーはこちらから予約できますよ♪