シースリー 岡山

脱毛でほくろは消える!?増える?ホントのところ

シースリー,C3,岡山,口コミ,体験,脱毛

光脱毛やレーザー脱毛でほくろが増えた!という噂を聞いたことはありませんか?
ムダ毛を脱毛して綺麗な肌になるためにやっている脱毛で、ほくろやシミが増えるなんて本末転倒ですよね。
果たして、この噂は本当なのでしょうか?
今回は、脱毛とほくろの関係性についてお話したいと思います。

 

脱毛するとほくろが増えるのは本当?

「脱毛するとほくろが増える」と言う噂を聞いた事があるかもしれませんが、脱毛でほくろが増える事はありません
レーザーなら小さいものは消えてしまいますし、フラッシュ式ならシールで保護するので、増えたように見えるのは別の原因が考えられます。
ではなぜ、ほくろやシミが増えたと感じる人がいるのでしょうか。
その理由は、以下のとおりです。

加齢によってたまたま出てきたシミである
肌の奥にあったシミがレーザーに反応して表面に出てきた
ほくろではなく、毛穴が火傷した状態になっている
脱毛後の保湿不足

2の場合、たいていは一時的なものであり、時間の経過でそのシミが薄くなっていくので、気長に待つしかありません。
あまりに目立って消えないようであれば、美容皮膚科でハイドロキノンなどを使った治療をしてもらいましょう。

 

3の場合、火傷状態ですので軟膏などを使って様子を見る必要があります。
火傷であれば1〜2週間で徐々に薄くなり治っていきます。
また、火傷を繰り返さないためにも光やレーザーの出力を弱めてもらうよう、エステサロンやクリニックに頼んでみましょう。

 

4の場合は、脱毛した箇所をしっかり保湿するようにしましょう。
保湿を怠ると、光やレーザーで肌が刺激を受けたままの状態になり、肌を守ろうとメラニンが生成されてシミができやすくなります。

 

ほくろができる4つのパターンとは?

ほくろができる理由はただ1つ。
肌の色素細胞であるメラノサイトが活発になることです。
そして、メラノサイトが活発になるケースは以下の4つです。

紫外線を浴びる
ホルモンバランスの乱れ
妊娠中
一箇所に極端な摩擦や圧迫を与える

ほくろが増えるのを防ぐためには、紫外線予防のケアはもちろん、ストレスを溜めないようにすることも大切です。
また、下着の摩擦や圧迫でもできることがあります。
とくに妊娠中プロゲステロンが増加し、これがメラノサイトを刺激するため、ほくろができやすい環境なので気をつけましょう。
また、「メラノーマ」という悪性腫瘍のほくろもありますが、急に大きくなった、急に硬くなった、形がいびつ、表面から出血したり液が出たりするといったことがない場合は、とくに心配ありません。

 

レーザー脱毛なら小さいほくろは消えてしまう!?

レーザーやフラッシュ脱毛は、黒い色素に反応します。
特にレーザーの場合は、小さいほくろならそのまま照射するので、段々色が薄くなります。
そのため、脱毛時に増えるという事はなく、むしろ消えてしまいます
レーザー脱毛に使われている「アレキサンドライト」は、本来シミの治療として使われているもので、それが脱毛にも使えるように応用されたようです。
ただし、大きすぎるものは事前に除去を勧められる場合があります。
クリニックの中には、ほくろ除去も一緒に行っているところがあるので、カウンセリングで相談しておきましょう。
ほくろから毛が生えていたり、小さいほくろの周りまでしっかり脱毛したい方は、レーザー脱毛があるクリニックなどで施術すると良いでしょう。

 

では、サロンで行っているフラッシュ式ではどうなのでしょうか。
この場合も、小さなものなら同じように光を照射します。
少し大きいサイズになると、ほくろを白いシールで覆って、光から保護するサロンもあります。
万が一、火傷をしてしまうとサロンでは医療行為ができないので、気になるようでしたら事前にシールを貼ってもらうようにしましょう。

 

脱毛時の光照射でほくろが増えることはありません。
レーザーの場合は、小さなものなら消えてしまいます。
フラッシュ式の場合は、火傷などの事故を防ぐために白いシールを貼って保護します。
脱毛方法によって対処方法は違うので、事前のカウンセリングで必ず確認しましょう。

 

ほくろに生えている毛は脱毛できる?

ほくろの部分に生えている毛はレーザー脱毛や光脱毛は利用できません。

ほくろを除外するか、針脱毛を利用するしかありません。


ほくろの部分は脱毛方法が限られてしまいます。
その理由は、医療レーザー脱毛、光脱毛などの特殊な光は、ほくろのメラニンに反応してしまうからです。

 

ほくろはメラニン色素を含む細胞がたくさん集まることでできます。

 

レーザーや光はメラニンに反応する性質を利用して、毛根部分の細胞を破壊します。
色黒な方や日焼けした肌、色素沈着がある部分などは熱を集めてしまうので、ヤケドの恐れがありますし、痛みも強烈です。また、薄かったほくろが真っ黒になってしまったという例もあります。

 

美容外科や皮膚科での脱毛と言えばレーザー脱毛ですし、
エステサロンで主流な光脱毛ができないとなるとどんな脱毛があるのでしょうか?

 

ほくろがあるだけなら、ほくろをパッチで保護して脱毛することができますが、
ほくろに生えている毛を脱毛したい!という場合はどうすればいいのでしょうか?

 

ほくろ部分の脱毛に適した脱毛法を紹介します。

 

絶縁針脱毛

その方法とは「絶縁針脱毛」です。
(ニードル脱毛、針脱毛、電気針脱毛などとも呼ばれれます。)

 

美容外科や皮膚科などの医療機関で施術を受けられます。

 

医療レーザー脱毛が登場する前からあった脱毛方法で、歴史は古く、1つ1つの毛穴に針を刺して電気を流し、毛根にある細胞の発毛に関与する部分を破壊して脱毛する方法です。

 

治療時間が長く、回数も多く必要です。
何より痛みが強烈で、料金も高額です。
しかし、レーザーでも光でもできない永久的な脱毛ができる方法です。

 

電気針脱毛が登場したばかりの時は、単純な電気針を使っていたため、毛根だけでなく皮膚まで焼いてしまってヤケドやケロイド、色素沈着などのトラブルが起きやすいという短所がありました。

 

ですが、現在では皮膚に触れる部分をコーティングして皮膚には電気が流れないようにした特殊な針を使い、トラブルがないように進化しています。

 

針を使用するのでかなり痛みを伴いますが、麻酔クリームなどを使用し、痛みを和らげてくれるところもあります。利用する場合は麻酔をしてくれるかどうかを必ず確認しておきましょう。

 

施術時間は、脇だけで1時間程度かかり、脱毛範囲が広い場合は2時間程度かかることもあります。 そのため、ほくろの脱毛だけにとどめておいた方が良いでしょう。

 

また、レーザーや光脱毛でほぼ脱毛が完了したとしても、数本残ってしまう場合がありますが、そういった箇所の脱毛にも適しています。

 

【注意事項】

  • 毛穴がわかるようにある程度は毛を伸ばしておく必要があります。5mm以上あると良いです。
  • 施術後にケロイドや火傷、色素沈着などの肌トラブルが起こる可能性が高くなります。自宅では冷却と保湿ケアをしっかりする必要があります。
  • 施術時に痛みがあり、麻酔クリームや、麻酔シートなどを使用する場合があります。
  • 施術後当日は入浴は控え、紫外線対策も行います。また、施術期間中はUVケアをしっかりしましょう。
  • 施術後は赤みが残りますが、数日すると消えます。保湿ケアで悪化させないようにする事が大事です。

 

 

まとめ

いかがでしたか。
脱毛でほくろが増える噂と、脱毛でほくろが消えるという全く逆の噂が出回っていますが、脱毛とほくろの仕組みを知ればすぐに原因がわかります。
ほくろやシミを防ぐためには、日頃のケアが大切です。
とくに、脱毛直後のケアをするかしないかで、今後の肌の状態が変わってしまいますから、きちんと保湿をしておきましょう。

 

施術と次の施術に間隔が必要なので、脱毛は意外と時間がかかります。
肌に過剰な負担をかけないよう脱毛は計画的に始めましょう。

 

 

 

 

 

ムダ毛処理ならシースリー!!

 

≫シースリーの予約はこちらからできますよ♪